시험대비
공부방 > 시험대비
可能(かのう)、不可能(ふかのう)、禁止(きんし) 덧글 0 | 조회 396 | 2012-07-10 00:00:00
관리자  



 可能(かのう)、不可能(ふかのう)、禁止(きんし)


「復習」これが今、考え得(う)る最(さい)良(りょう)の方法なんです。


連絡先(れんらくさき)がわからないのだから、知らせようがない。


ここで釣りをするな。


 


1.~にかたくない


 ─>その状(じょう)況(きょう)を考(かんが)えると、実際(じっさい)に見(み)なくても、~することは難(むずか)しくない・できる。


 ①でき上(あ)がった作品(さくひん)を見(み)れば、彼(かれ)のこれまでの努力(どりょく)は想(そう)像(ぞう)にかたくない


 ②愛(あい)する人(ひと)を失(うしな)った彼女(かのじょ)の悲(かな)しみは察(さっ)するにかなくない


 ③諸事情(しょじじょう)を考(かんが)えると、今回(こんかい)の決断(けつだん)に至(いた)った社長(しゃちょう)の心情(しんじょう)も理解(りかい)するにかなくない


☺ 名詞(めいし)する・動詞(どうし)〔辞書刑(じしょけい)〕+にかたくない


☞「想(そう)像(ぞう)(する)・察(さっ)する・理解(りかい)(する)」など、心(こころ)の働(はたら)きを表(あらわ)す限(かぎ)られた言葉(ことば)につく


 


2.~に~ない・~(よ)うにも~ない


 ─>~したいけれど、何(なに)かの事情(じじょう)があってできない。


 ①野菜(やさい)をたくさんもらったが、食(た)べきれない。捨(す)てるすてられ困(こま)っている。


 ②子供(こども)に大(たい)切(せつ)な書類(しょるい)を汚(よご)されて、泣(な)く泣(な)けない心境(しんきょう)だ。


 ③彼女(かのじょ)はあいさつもせずに会社(かいしゃ)を辞(や)めた。何(なに)か言(い)う言(い)えない事情(じじょう)があったのだろうか。


 ④連絡先(れんらくさき)がわからなくて、連絡(れんらく)しようにも連絡(れんらく)できなかった


 ⑤当時(とうじ)、子供(こども)がおもちゃを欲(ほ)しがったが、お金(かね)がなくて買(か)ってやろうにも買(か)ってやれなかった


☺動詞(どうし)〔辞書刑(じしょけい)〕+に+可能(かのう)の動詞(どうし)否定(ひてい)刑(けい)


 動詞(どうし) う・よう刑(けい) +にも+可能(かのう)の動詞(どうし)否定(ひてい)刑(けい)


☞前(ぜん)後(ご)には同(おな)じ動詞(どうし)を使(つか)う。後(あと)の動詞(どうし)は可能(かのう)の動詞(どうし)を使(つか)う。「~に~ない」は心理的事情(しんりてきじじょう)、「~(よ)うにも~ない」は物理的事情(ぶつりてきじじょう)を表(あらわ)すことが多(おお)い。


 


3.~て(は)いられない


 ─>時間的(じかんてき)・精神的(せいしんてき)に余裕(よゆう)がなくて、~の状(じょう)態(たい)でいることはできない。


 ①やると決(き)めたら、のんびりしてはいられない。今(いま)すぐ準備(じゅんび)を始(はじ)めよう。


 ②あれだけひどいことを言(い)われて、わたしもだまっていられなかった


 ③愚(ぐ)痴(ち)を言(い)ったり泣(な)いたりしてはいられない。解(かい)決(けつ)策(さく)を考(かんが)えなくては。


☺動詞(どうし) て刑(けい) +はいられない


☞すぐに次(つぎ)の行(こう)動(どう)をしなければさらないという気(き)持(も)ちを表(あらわ)す。主(しゅ)語(ご)はふつう一人称(いちにんしょう)。


 


4.~べくもない


 ─>その状(じょう)況(きょう)では、当然(とうぜん)~ことはできない。


 ①その絵(え)g偽(にせ)物(もの)であることなど、素(しろ)人(うと)のわたしはしるべくもなかった


 ②状(じょう)況(きょう)から見(み)て、この男(おとこ)が犯(はん)人(にん)であることは否定(ひてい)すべくもない事実(じじつ)であろう。


 ③将棋歴(しょうぎれき)30年(ねん)のベテランに初(しょ)心(しん)者(しゃ)のわたしがかなうべくもない


☺動詞(どうし)〔辞書刑(じしょけい)〕+べくもない *例(れい)外(がい) する->するべく・すべく


☞心(こころ)の働(はたら)きを表(あらわ)す動詞(どうし)(考(かんが)える・想(そう)像(ぞう)する・知(し)るなど)につくことが多(おお)い。


 


5.~べからず・~べからざる


 ─>~するな。~してはならないことだ。


 「~べからず」─>書(か)き言葉(ことば)、「~べからざる」─>硬(かた)い言(い)い方(かた)


 ①〔工事現場(こうじげんば)の張(は)り紙(がみ)〕危(き)険(けん)。立(た)ち入(い)るべからず


 ②「ここで釣(つ)りをするべからず」という立(た)て札(ふだ)が立(た)っているのに、何(なん)人(にん)か釣(つ)りをしている人(ひと)がいる。


 ③警(けい)察(さつ)が今回(こんかい)このような事(じ)件(けん)を起(お)こしたことは、市(し)民(みん)にとって許(ゆる)すべからざることである。


 ④経営者(けいえいしゃ)にとって決断力(けつだんりょく)は欠(か)くべからざるものであっる。


☺動詞(どうし)〔辞書刑(じしょけい)〕+べからず


 動詞(どうし)〔辞書刑(じしょけい)〕+べからざる+名詞(めいし)


☞「~べからず」は掲示(けいじ)や注意(ちゅうい)書(が)きにしか使(つか)わない。


 


6.~まじき


 ─>その立場(たちば)から・道(どう)徳(とく)的(てき)に考(かんが)えて~てはいけない。〔硬(かた)い言(い)い方(かた)〕


 ①その大臣(だいじん)は政治(せいじ)にある発言(はつげん)で、辞(じ)任(にん)に追(お)い込(こ)まれた。


 ②これは、子(こ)を持(も)つ親(おや)としt許(ゆる)すまじき犯(はん)罪(ざい)である。


 ③大(たい)切(せつ)な人(ひと)にわたしは言(い)うまじきことを言(い)ってしまった。


☺動詞(どうし)〔辞書刑(じしょけい)〕+まじき+名詞(めいし)


☞後(あと)には必(かなら)ず名詞(めいし)が来(く)る。慣用的(かんようてき)な決(き)まった言(い)い方(かた)しか使(つか)わない。






問題



 ① 罪(つみ)を犯(おか)したわたしの姿(すがた)を見(み)て、母(はは)がどんなにかなしむか(    )。


  a 想(そう)像(ぞう)にかたい  b 想(そう)像(ぞう)にかたいことはない  c 想(そう)像(ぞう)にかたくない


 


 ② 本当(ほんとう)の病(びょう)名(めい)を知(し)ったときの彼(かれ)の心中(しんちゅう)は(    )にかたくない


  a 察(さっ)する  b 驚(おどろ)く  c 表現(ひょうげん)する


 ③ このドラマは日(に)本(ほん)語(ご)が簡(かん)単(たん)なので、外国人(がいこくじん)も(    )。


  a 理解(りかい)にかたくない  b 理解(りかい)にかたい  c 理解(りかい)しやすい


 



 ① 手(て)をけがしてしまった。これでは急(いそ)ぎの書類(しょるい)を(    )書(か)けない


  a 書(か)くに  b 書(か)こうにも  c 書(か)きようにも


 ② 腰(こし)を痛(いた)めて変(へん)な歩(ある)き方(かた)をする田中(たなか)部長(ぶちょう)を見(み)て、(    )笑(わら)えなかった。


  a 笑(わら)うに  b 笑(わら)おうにも  c 笑(わら)うにも


 ③ コンタクトレンズを落(お)としていまい、車(くるま)を運転(うんてん)しようにも(    )。


  a できなかった  b 危(あぶ)なかった  c 困(こま)った


 ④ 出(しゅっ)勤(きん)時(じ)間(かん)になったが、子供(こども)に泣(な)かれて(    )。


  a 出(で)るに出(で)られなかった  b 出(で)られるに出(で)られなかった  c 出(で)るに出(で)なかった


 ⑤ 両親(りょうしん)を失(しつ)望(ぼう)させると思(おも)うと、大(だい)学(がく)を辞(や)めたことを話(はな)すに(   )。


  a 話(はな)さないほうがいい  b 話(はな)せない  c 話(はな)したくない


 



 ① 出(しゅっ)発(ぱつ)の時(じ)間(かん)を20分(ぷん)も過(す)ぎた。遅(おそ)い議(ぎ)とをもうこれ以上(いじょう)(   )いられない。


  a 待(ま)たずには  b 待(ま)っては  c 待(ま)つのは


 ② 試(し)験(けん)が近(ちか)いから、(   )はいられないよ。


  a 遊(あそ)んで  b 勉強(べんきょう)して  c 勉強(べんきょう)しなくて


 ③ 子供(こども)が自(じ)分(ぶん)のごはんを食(た)べるようになったが、食(た)べ方(かた)があまりにひどくて、(   )。


  a 見(み)てはいなかった  b 見(み)てはいあられなかった  c 見(み)ないではいられなかった


 ④ こうしてはいあれれない。(   )。


  a まず落(お)ち着(お)こう  b ここで待(ま)っていよう  c すぐに行(い)ってみよう


 ⑤ (   )、まじめに仕事(しごと)をしてくださいよ。


  a 冗談(じょうだん)を行(い)っていられないで  b 冗談(じょうだん)を言(い)っていられなくて  c 商談(しょうだん)を言(い)っていないで


 



 ① 今(いま)の実(じつ)力(りょく)では優勝(ゆうしょう)など(   )べくもない。


  a 望(のぞ)む  b 望(のぞ)まぬ  c 望(のぞ)める


 ② 地球(ちきゅう)環境(かんきょう)が悪(あっ)化(か)していることはもはや(   )べくもない。


  a 信(しん)じる  b 疑(うたが)う  c 理解(りかい)する


 ③ 丁(てい)寧(ねい)に一(ひと)つ一(ひと)つ手作(てづく)りしたものの良(よ)さは、機械(きかい)で量産(りょうさん)したもの(   )。


  a とは比(くら)べるべくもない  b にはまねるべくもない  c には勝(まさ)るべくもない


 



 ① 人(ひと)の一生(いっしょう)、(   )べからず。


  a 急(いそ)ぐ  b 速(はや)い  c 速(はや)くなる


 ② (   )べからざることを耳(みみ)にしてsまった。秘密(ひみつ)は絶(ぜっ)対(たい)守(まも)らなくては。


  a 開(あ)け  b 開(あ)く  c 開(あ)いて


 ③ 今(きょ)日(う)の会議(かいぎ)でわはしは(   )ことを言(い)ってしまった。


  a 言(い)うべからず  b 言(い)うべからない  c 言(い)うべからざる


 



 ① 医学知識(いがくちしき)を犯(はん)罪(ざい)に利用(りよう)するなんて、医(い)者(しゃ)として(   )行為(こうい)だ。


  a 許(ゆる)すまじき  b 許(ゆる)すまじきの  c 許(ゆる)すまじきな


 ② 彼(かれ)は指導者(しどうしゃ)にあるまじき(   )。


  a 行為(こうい)をした  b 差別(さべつ)する  c 能力(のうりょく)はない


 


1~6


 ① 事(じ)故(こ)で恋(こい)人(びと)を失(うしな)った彼女(かのじょ)のつらさは(   )。


  a 察(さっ)するにかたくない  b 察(さっ)しやすい  c 察(さっ)しかねる


 ② 彼(かれ)の弁解(べんかい)は全(まった)くめちゃくちゃで、黙(だま)って(   )。


  a 聞(き)こうにも聞(き)けなかった  b 聞(き)くにかたくなかった  c 聞(き)いてはいられなかった


 ③ 〔立(た)て札(ふだ)〕芝生(しばふ)に入(はい)る(   )。


  a べからざる  b べからず  c まじき


 ④ 新(あたら)しい靴(くつ)が足(あし)に合(あ)わず、(   )。


  a 走(はし)るべくもない  b 走(はし)ってはいられない  c 走(はし)ろうにも走(はし)れない



1 c a c    2.b a a a b   3.b a b c c   4 a b a   5 a b c   6 a a  1-6 a c b c

 
닉네임 비밀번호 코드입력